ご挨拶
慶應義塾体育会スケート部部長
三木 則尚

 慶應義塾体育会スケート部は、将来グローバル社会を先導し得る有為な人材の輩出を基本的使命とすることを理念に掲げています。文武両道を旨とし人に尊敬される人間形成を目指すこと、常に心・技・体の鍛錬に努め、勝利を目指すこと、創部以来の歴史と伝統を重んじ、グローバルな視点をもって新たな価値を創造する能力の向上を目指すこと、をビジョンとし、その実現のために、努力の本当の意味を体得し、目標を高く飽くなき挑戦を続けること。自由の雰囲気の中で規律を重んじ、自ら考え自ら行動する自主性を養い、仲間への信頼と周囲への感謝の心を持つことを行動指針として定めております。

 慶應義塾体育会スケート部の歴史は、大正年代に山岳部部員を中心に、スケートを愛する塾生たちが、任意体育団体「三田スケート倶楽部」を結成したことに始まります。1923年の創部以来、90年以上に渡って、この理念、ビジョンは受け継がれています。

 ホッケー部門では、先輩方、関係者の皆様のご協力のもと、2017年度にトロント大学への遠征を行いました。選手たちにとって、自分たちよりも大きく、速く、上手な選手たちとの公式戦、練習、また交流を通じて、ホッケーの技術向上はもちろんのこと、まさに理念とするグローバル社会を先導し得る人材へと成長する大変素晴らしい機会だったと思っております。このような活動を新たな伝統として、今後も受け継いでいきたいと考えております。

 いつもご指導、ご支援いただいております関係者や卒業生の皆様、そしてご両親や一般サポーターの皆様に心より御礼申し上げますとともに、我が部の考え方に賛同してくれる若者が一人でも多く、慶應義塾大学スケート部に入部してくれることを希望いたします。

三木 則尚・経 歴
1974 兵庫県生まれ
1996 東京大学工学部卒業
2001 東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)取得
米国マサチューセッツ工科大学航空宇宙工学科ポスドク研究員
2003 同 リサーチエンジニア
2004 慶應義塾大学理工学部機械工学科専任講師
2010~2016 科学技術振興機構さきがけ研究員(兼任)
2017~現在 慶應義塾大学理工学部機械工学科教授



上へ戻る